放射能拡散予測を日々公開せよ

【OCNブログ人アマがえるブログ20110404記事を転載します(文責・日吉圭)】

2011年4月4日の読売新聞によると、福島第一原発の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日明らかになった。

ドイツやノルウェーなどの国の気象機関は、日本の気象庁の観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。

日本政府が拡散予測を公開しないことについて内外の専門家から批判の声が上がっており、政府の情報開示の在り方が改めて問われている。

気象庁の予測は、国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散情報を把握する一環として、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づいて行われている。

同庁では、大震災当日から毎日1ー2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。

この拡散予測非開示の件について枝野官房長官は、「少なくとも隠す必要のない情報。

誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と4日午後の記者会見で述べた。



さて、通常の日本人ならば、この記事を目にして「さすがにこれで政府も、放射性物質の拡散予測を公開するに違いない。


しばらくしたらNHKが連日天気予報に加えて上に示したような写真を公表し、放射性物質の飛来が予測される各地での大気汚染の程度や上水道の水質検査結果などを報じるだろう」と考えよう。


これに対して、今回の原発事故はイルミーが現政府及び東電に入れている構成員を動かして行ったテロであるとする立場を採る当ブログは、近いうちに政府が拡散予測を公開することはあり得ないと考える。


まず、これまでの全国での鯉ヘルペスウィルス事件、鳥インフルエンザウィルス事件、また宮崎県の牛口蹄疫事件を観察し続けてきた経緯から、これら一連の事件がイルミー構成員による意図的なウィルス散布で生じたことはほぼ間違いないと考える。


そこで、そのような構成員が存在するのであれば、彼らは今回の事件に際し、各地の上水道にヨウ素131などの放射性物質を混入させるテロを行うことは簡単に予想される。


しかし仮に政府が情報を公開すれば、乾燥注意報が発せられると自然発火に見せ掛けて山林に放火する放火魔のように、放射性物質の自然飛来に見せ掛けて飲料水を汚染させるテロを各地で誘発してしまうであろうか?


そして報道でその事実を知った大衆が激怒するシナリオなのであろうか?


筆者は現政府の日本人に対する憎しみの深さから、テロを行うにしてもまず実行させて、日本人にまだ無防備なうちに鱈腹放射能を摂取させると予想する。


そして、手遅れになった頃にやっと、放射能拡散情報を公開し、人々が知らないうちに大量被爆していることを教えて、革命に必要な大衆の激昂エネルギーを得ようとするのではないかと考える。


だから、そうなる前に、全国の日本人は、所属している各自治体に上水道の放射能汚染度を日々検査して公開するよう要請しなければならない。


そして、全国の警察署は、それぞれ高感度のガイガーカウンター(放射能検出装置)を常備して、上水道に対するテロが実行されないよう厳戒態勢をとらねばならない。<1348>

この記事へのトラックバック