日吉圭の時事寸評

アクセスカウンタ

zoom RSS 管制官解雇という声が何故聞こえないのか?

<<   作成日時 : 2018/04/26 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【OCNブログ人アマがえるブログ20110916記事を転載します(日吉圭)】

2011年9月10日の産経新聞によると、空の安全を担う管制官のモラル欠如が露呈した今回の不祥事。

航空管制をめぐっては7月に別の管制官が短文投稿サイト「ツイッター」で施設内見学ツアーを呼びかける不祥事が発生、国土交通省が再発防止に乗り出したばかりだった。

今回のケースは情報がテロなどに悪用される危険性すらあり、関係者は「職責に対する危機感がなさすぎる」と頭を抱える。

「管制官とおぼしき人物がブログに飛行計画などを掲載している」今月5日、国交省に匿名の情報提供が寄せられた。事態を重く見た同省が調査したところ、羽田航空事務所の男性管制官が立ち上げている個人ブログにこうした情報がアップされているのを確認。

ブログ上では自分が管制官であることを公表し、本人の顔写真も公開していた。あまりに軽率な行動に、管制官OBは「常識で考えても、管制官しか見られない非公開情報を流出させる意図が分からない」と首をひねり、「航空マニアの歓心を買うため安易な気持ちで流出させたのだろうが、管制官は『空の安全』を預かっているという重要な任務を忘れているのではないか」と指摘した。

国交省によると、同省に所属する航空管制官は現在全国に約2千人。

試験をへて航空保安大学校で研修を受けた後、各地の空港や航空交通管制部などで勤務する専門職だが、最近は重要な職責に相反する“軽い”不祥事が目立つ。

昨年10月には、福岡航空交通管制部(福岡市東区)の管制官が職場体験実習の中学生2人に航空機との無線交信を読み上げさせる内規違反が発覚。

今年7月に発覚したツイッター問題では、東京航空交通管制部(埼玉県所沢市)の40代の女性主幹管制官が「普段立ち入れないホニャララ室にご案内」などと書き込み、施設見学ツアーを企画。同僚の30代女性の主任管制官も参加していた。



さて、管制官という空の安全を担う極めて職責の重い業務の、しかもチーフが行った二件の不祥事に目が眩む思いがする。


これらの事件からすぐ連想されるのは2001年に静岡県上空で生じた日航機同士のニアミス事故で、これは両旅客機が空中衝突するという空前の事故を招いた可能性が極めて高かった事件だった。


この事件で被告となった40代の女性管制官は有罪と判じた地裁判決を不服として上告したものの、最高裁が却下して有罪判決が確定した。


するとマスコミはこぞって女性管制官を擁護する記事を掲載し、「最高裁女性判事の一人が反対意見を提出したことを高く評価する」という被告としては異例の女性管制官の抗弁コメントを新聞紙面を割いて披露した。


筆者はこの女性管制官は誤誘導したのではなく、積極的に両日航機を衝突させる目的で指示を出し、神様の配慮によってその意図が阻まれたと考えている。


何故彼女がそのような指示を出したかと言えば、2010年に会社更生法を申請して経営破綻した日本航空のイルミー指揮下での経営再建をより早い時期に行うため、イルミー組織が日航機事故を欲していたからだと推察する。



この女性管制官の職務怠慢と適性の欠如は明白であるのに、それを指弾しないマスコミの有り様は不気味であり、それはつまり彼女がイルミー構成員であることを強く示唆している。


恐らく彼女だけではなく、今回の事件を引き起こした二人のチーフ管制官、つまり「ホニャララ・ツイッター」事件を引き起こした40代の女性主幹管制官とオバマ大統領専用機「エアフォース・ワン」の詳細な飛行計画を自身のブログに掲載した男性主任管制官の双方が、イルミー構成員なのであろう。


彼らは組織が求める情報を第三者が自由に閲覧出来るネット環境に不注意にアップした様を装って伝え、もし行為が非難されても職務怠慢による内部処罰程度で事が済むと考えていたのだろう。


断じて言うが、これ以上管制官職務のイルミー浸透を阻むため、これら二管制官を早急に解雇する以外に行政が取るべき処置はなく、その同職への再雇用は厳重に禁じられなければならないと考える。<1511>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
管制官解雇という声が何故聞こえないのか? 日吉圭の時事寸評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる