日吉圭の時事寸評

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本大震災と原発事故に関するアマがえる報道のまとめ(再掲)

<<   作成日時 : 2018/06/13 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〈アクセスログから解析する限り、当記事は閲覧妨害を受けた可能性が高いので再掲します。閲覧妨害の痕跡が認められる限り、何度でも掲載します。by日吉圭〉



【OCNブログ人アマがえるブログ20111206記事を転載します(文責・日吉圭)】

2011年3月11日を境に、日本を巡る状況は一変した。


いやそれ以前に、民主党が政権与党となった時点で時代は変わっていたのだが、大津波を伴った東日本大震災の発生が、水面下で生じていた変化を顕在化させた。


アマがえるブログは、3月12日に今回の大地震がただの天災でない可能性に気付き、3月15日に大きな国家的規模の陰謀がこの災害の背景に隠されている懸念を発表した。


世に社会現象の背後に陰謀の存在を説くブログは多く、読者はそうしたブログを陰謀論ブログとして一まとめに把握する傾向があるので、それらの主張は皆同一と錯覚しやすい。


しかし、3月15日の時点で東日本大震災が計画された人為災害である可能性に気付き、それを指摘したのはアマがえるブログだけではないだろうか?


当ブログはどこにでもある陰謀論ブログではなく、愛に満ちた社会を実現する障害となるものをいち早く指摘する愛のブログである。


その主張は模倣を排した独創的なものであるので、3月11日以降の当ブログの主張をここにまとめてみた。


『イルミーは東北三陸沖の大地震と大津波発生を1年以上前から予測出来ていた。そして六百年に一度のこの大津波を、日本人を大きく減らす武器として利用することに決めた。

気象庁とNHKの幹部、そして地震関連学者を完全掌握したイルミーは、彼らを統率して将来発生する地震に対して有効な対策をとらせなかった。

それどころか、2010年2月に発生したチリ大地震の津波に対して過剰な対応を取らせることで、東北民の心に津波に対する慢心を刷り込むよう心理操作した。

イルミーはその構成員をして、地震発生と同時に福島第一原発第1−4号機に仕掛けた爆弾を破裂させて冷却水を抜き、原子炉が空焚きとなるようにして、稼動中であった第1−3号機のメルトダウンを引き起こした。

そのため、東京電力が日本中から派遣した電源車が漸次原発に到着したものの、原子炉の冷却には役立たなかった。

第4号機が稼動中の原子炉でなかったにも関わらず大規模な爆発を起こしたのは、これが第1−3号機とは異なり、水素爆発でなかった可能性を示している。

3号機のガスが流入して起きたという説明には無理がある。 

韓国で合同演習中であった米原子力空母ロナルド・レーガンが、福島沖に急行したことが12日に報じられたが、政府間折衝を飛ばしたこの行動はあまりにも素早すぎる。

15日の原子力安全保安院と東京電力の合同記者会見において、「米軍が上陸して4号機の鎮火活動に参加していた」旨が公表された。

しかし米兵が行っていたのは鎮火活動ではなく、使用済み核燃料棒を大量保管していた4号機上部のプールの破壊こそが、放射能汚染を未曾有の規模にする鍵との認識で、その破壊と証拠隠滅に動いたのではないかと思われる。

4号機担当の東電社員2名が地震発生と同時に行方不明となり、後に死体となって発見されたことは、この準備工作であった可能性がある。


さて、大地震発生は2時46分であったが、それから30分近く経過した3時15分に筆者はNHKの地震関連速報を見た。

津波第一波はまだ到達しておらず、大津波警報と共に津波の予想最大高が報じられていた。報じられていた津波の予想最大高は4.1メートルであり、後でNHKをはじめとするマスコミが報じたと口裏を合わせた6メートルではなかった。

すぐ津波第一波が到達しそれと同時に大津波警報が改訂され、津波の予想最大高は10メートルに改められた。

津波で多くの人々が海水にさらわれたが、政府が海上自衛隊を出動させたという報道はなく、現実に被災者救援に動いたのは、ネットの報道を見る限り海上保安庁だけだったと思われる。

しかし救出数は324人にとどまった。

自衛隊が本格的な救援活動に動いたのは米軍との合同作戦「トモダチ」を実施した3月31日以降であり、津波発生から実に20日間も経過してからである。

しかし宮城県沿岸部の水没地帯に散乱する何千体という遺体の回収はトモダチ作戦の対象外で、遺体は地震発生から1ヵ月以上も野ざらしにされた。』
<1592>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
東日本大震災と原発事故に関するアマがえる報道のまとめ(再掲) 日吉圭の時事寸評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる